MENU

感染症について

A.医師が記入した「登園許可書」が必要な感染症

病名 登園停止期間の目安
インフルエンザ 発熱した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで
百日咳 特有咳が消失したとき、また 、5日間 適正な抗菌性物製剤による治療が終わるまで
麻疹(はしか) 発疹に伴う熱が下がった後、3日経過し元気がいいとき
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺、また 、舌下腺の腫れが現れた後5日を経過し、全身の状態が良くなるまで
風疹(3日はしか) 発疹が消失したとき
水ぼうそう 全ての発疹がかさぶたになったとき
咽頭結膜炎(プール熱) 解熱し、症状がなくなった後、2日経過してから
結核 医師により伝染 おそれがないと認められるまで
腸管出血性大腸菌感染症 病状が改善し、医師により感染 おそれがないと認められるまで
流行性角結膜炎急性出血性結膜炎 眼症状が改善し医師により感染おそれがないと認められるまで
溶連菌感染症 抗菌薬内服後24~4時間経過し、発熱・発疹等の症状が回復するまで

B.保護者が記入した「登園届」が必要な感染症(必ず受診し、結果について 保育園に連絡してください)

病名 登園停止期間の目安
手足口病・ヘルパンギーナ 発熱や咽頭・口頭内の水泡・潰瘍 影響がなく、普段の食事がとれるなら登園可
伝染病紅斑(りんご病) 全身状態良好なら登園可
ウィルス肝炎 主要症状が消失し肝機能が正常化したとき、B型肝炎・C型肝炎の無症状性病原体保有者の登園停止の不要
マイコプラズマ感染症 感染力の強い急性期が終わった後、症状が改善し、全身状態良好であれば登園可
流行性嘔吐下痢症 下痢、嘔吐から回復し、全身状態が良好なら登園可
RSウィルス感染症 呼吸症状が消失し、全身状態が良好なら登園可
水いぼ 原則として、プールは禁止ではないが、二次感染のある場合は禁止。多数の発疹がある者は、プールにてビート板や浮き輪の共有を避ける
とびひ 患部が乾燥していること。医師の指示に従う